コタログ

サッカー、ウイイレ、読書、筋トレ、出会い系etc。ダメなオトナは今日も元気です!

思わずスノボに行きたくなる一冊

どーもーーー。

土曜日ですが朝から仕事しておりましていきなりの電話が日本語があまり上手でない外国人からの電話でお互いに意思疎通できず15分ほどやり取りしましたが場所さえ分からず朝からトラブルに見舞われました。

こんにちわ。言葉、コミュニケーションって難しいですねえ。

 

というわけでございまして

本日は東野圭吾さんの「恋のゴンドラ」という一冊を読みましたのでそちらを。

文庫本で出てましてなんかちょっと読みてーなーと思い手にした一冊です。

時期も冬だったので丁度良いしさらーっと読みたかったというのもあります。

 

あるスキー場が舞台となって1話からの登場人物が色々と絡みすぎて面白い展開になるという物語でした。

こんなことはきっと小説にしか起きないと思いますけどまああるっちゃーありますかね?いや、やっぱ無いですわ。

どっちかと言うと男性側が結構クソな人間がいてそのクソ加減が読んでるワタシにはよーく分かりました笑

まあでも偶然要素が強すぎてリアル感はなかったなー。読み物としては面白かったですね。そんなことあるー?と何回も言いますがつっこみたくなる作品です。

 

東野圭吾さんは数冊読んでて好きな作家さんなのですが今まで読んだ作品とは毛色がなんか違って軽く書いたのかなと思ってしまいました。

 

久しぶりに小説を読んだような気がしますがやっぱ表現描写って大切で文字でも感じられるイメージって頭の中に浮かんでくるもんです。

特にスノボもスキーも昔は結構やってたんで行きたくなる感じはさすがだし風景が想像できるのは読み物の良いとこだと思いますねー。

 

ということで本もこれからは月に4,5冊は読んでいきます。

そして貯まるので欲しいという方には差し上げようとも思っております。

まあTwitterにこのブログを晒してからにしますけど

 

 

恋のゴンドラ (実業之日本社文庫)

恋のゴンドラ (実業之日本社文庫)